税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

初めての方に 板倉について

板倉事務所のポリシー

投稿日:2017年12月5日 更新日:

Pocket

板倉事務所のミッションは「イクメンとワーキングマザーをサポートする」ことです。

そのための価値提供を惜しみません。

1.イクメンとワーキングマザーをサポートする

①プロローグ

私は、東日本大震災の被災地である宮城県石巻市で勤務をしたことがあります。石巻労働基準監督署の職員として、震災遺族の労災請求を調査するためです。

単身赴任中の私は、「家族が一緒に暮らすことって絶対大切だ」と強く思い、これから30年、公務員として転勤辞令にビクビクしなくてはならないことに不安を感じました。働く場所を自分で決められず、いつまで働くかも一方的に決められることは、人生のリスクと言えます。

私は税理士になると決め、育児と両立しながら、試験に合格し、税理士事務所へ転職しました。

そんな折、母が亡くなりました。それまで私の子供たちの保育園送迎や体調不良時の看護などをサポートしてくれていた母がいなくなったことで、夫婦で担うべき家事育児の負担が増し、税理士事務所の繁忙期との両立が困難となりました。

 

 

 

 

 

そこで決意したのが「自宅で、一人で、開業する」という選択です。

 

②なぜサポートするのか

いま、働き方改革などの政策的な取り組みが進みつつあります。

一方で、長時間労働などの社会問題はなくなることがありません。残業が恒常化しており、子どもとの時間をなかなか確保できないという方はまだ多いのではないでしょうか。

一昨年まで労働基準監督署の職員として、過労死など労災請求を調査する課に所属していたので、たくさんの事案を見てきました。労働行政にいた結論として、社会構造は役所が舵取りして変えられるものではないと感じました。

プロローグで述べた通り、いま私自身がイクメン税理士として家事と育児と仕事のバランスを日々試行錯誤しています。

育児との両立に疲れ、仕事を辞めようかと考えている方の気持ちがよくわかります。

そこで、板倉事務所の価値提供によって「顧問先社長がイクメン経営者になった」とか、「それに伴って従業員男性の意識が変わってイクメンスタッフになった」とか、「クラウドソフトやITなどの導入支援で、在宅勤務や超勤削減が進んだ」ということを達成したいと思ったのです。

 

③どのようにサポートするのか

従業員一人ひとりに直接お役に立てることは少ないでしょう。

顧問税理士として会社単位での取り組みを継続的に支援するとか、単発コンサルティングで効率化支援をするとか、イクメンとしての講演・執筆などが提供できることです。

イクメン税理士の切り口で「職業人を取り巻く社会構造の問題点」の解決策をご提案していきます。

「在宅ワークに挑戦したい」、「イクメンに配慮したい」、「職員のライフイベントをサポートしたい」、「会計をわかりやすく、効率的に」という声には全力で応えていきます。

サポートは具体的に3つの柱で構成されています。

一つ目は、労務部門です。元労働基準監督署職員として、行政経験に基づいてアドバイスします。クラウド勤怠管理や就業規則、助成金についても対応します。

二つ目は、財務部門です。元銀行員として、融資案件やメインバンクの選び方、資金繰りなどについてご相談に乗ります。

三つめは、税務部門です。税理士として、API連携などクラウド会計の利点のご提案や税制についてのご説明を行います。

これらすべて「イクメンひとり税理士」の板倉が担当します。

 

④サポートすることで何がどう変わるのか

イクメンとワーキングマザーである従業員のライフイベントをサポートできる環境を整えることで、従業員の定着に貢献します。加えて、両立支援助成金なども対応します。

経営者には、IT・AIの活用を通じて会計に費やす事務的な作業時間の削減と、税理士との面談打ち合わせをSkypeなどに一部置き換えることにより移動時間の削減もご提案いたします。

もちろん、労務・財務・税務の3つの柱を備えた総合的なサポートを行います。

 

 

 

 

 

2.サポートに必要なツール

①クラウドストレージ

データのやり取りは、基本的にオンラインで行います。クラウドストレージを共有して、そこに格納します。ペーパーレス化を推進します。

②チャットワーク

打ち合わせ事項などはチャットワークを利用します。下記の利点があります。

  • メールと違い相手先ごとにまとめられるので、やり取りのタイムラインが表示される
  • 前段のやり取りを見返して、本文を打つので誤送信が防げる
  • 電話と違い、リアルタイムでの拘束がない(既読・未読も相手に伝わらない)
  • メールと違い、「お世話になっております。税理士の板倉です。」(書き出し)や署名が省略できる
  • キーワード検索で以前のやり取りを容易に調べられる
  • ラインと違い、プライベートな目的での利用はほとんどないためON-OFFが分けられる
  • クラウドストレージのURLを貼ることができる
  • クラウド型なのでPC、タブレット、アイフォンなどたくさんの端末で利用できる
  • 過去のやり取りをリンクにできる(「ここでこういう話をしたよね」と、すぐ相手を誘導できる)
  • やり取りをタスク設定できる(「後ほど調べて連絡します」と入力→選択→期日と担当者を設定し、タスク設定完了)

③クラウド会計

リアルタイムでの業績把握と、PCの故障によるデータ損失リスクや作業不能時間から解放されることからクラウド会計を推奨しています。

3.その結果

①提供できること

  • 銀行出身として、資金繰りや融資のご相談に乗る
  • 労基署出身として、就業規則コンサルや労働保険関係のご相談に乗る
  • イクメンとして、体当たりの家事育児の状況をブログ等で紹介しながら、育児短時間勤務制度や育休制度のご相談に乗る
  • IT-AI税理士として、クラウド勤怠、クラウド請求書、クラウド会計などの導入支援。API連携による業務改善提案などを行う
  • TKCや弥生を導入している税理士として、インストール型会計ソフトでの預金連動やスキャン読取などのご相談に乗る
  • 税務申告の書面添付を標準仕様にする
  • チャットワークでのやり取りがデフォルト
  • 面談打ち合わせは、お客様の事務所または札幌市内のカフェで行う(道内各地の関与を増やしています)
  • 遠隔画面での操作説明や、スカイプなどのお打合わせにも対応する
  • これらすべてを税理士である板倉が担当する

②対応できないこと

  • 電話打ち合わせ(チャットワークでのご相談をメインに据え、電話は緊急時限定としております)
  • 脱税、粉飾決算
  • 国際税務(完全な国外移転は提携事務所との共同作業になります。国内に会社があって海外進出するということであればご相談ください)
  • 当日の面談アポイント(面談お打ち合わせは契約書にてその回数を決め、事前に日程調整させていただいております)
  • ゴルフ(子育て中なのでおやすみしています)

-初めての方に, 板倉について

執筆者:


  1. […] 板倉事務所のポリシー […]

  2. […] これらすべてを税理士である板倉が担当します(板倉事務所のポリシー) […]

  3. […] 板倉事務所のポリシー […]

  4. […] 板倉事務所のポリシー […]

  5. […] 板倉事務所のポリシー […]

  6. […] 板倉事務所のポリシー […]

関連記事

税理士の開業は自宅で 

自宅事務所という選択 開業にあたり、最初から事務所を借りるという発想はありませんでした。 固定費が増えますし、クラウドで会計データをやり取りできる昨今、書類を増やすことなく税理士業務をすることは「工夫 …

通勤時間で経済・英語・落語に触れる<№21>

こんにちは、札幌市西区の税理士、板倉圭吾です。 今日は研修会のため朝の通勤時間に地下鉄に乗りました。久しぶりです。 通勤のため地下鉄を利用していた頃は、毎朝Podcastを聴いていました。 今日はオス …

イクメン税理士の温故知新②<№57>

前回に続き、板倉事務所の強みについてご紹介します。 労働関係助成金の生産性要件 前回の助成金の取材は続きます。 キャリアアップ助成金のリーフレットには、 企業における生産性向上の取り組みを支援するため …

手紙のすゝめ(5.5理論)<№34>

ブログだと伝わること、伝わらないこと 独立、開業して2017年8月からブログを始めました。 最近、ブログを先にご覧いただき、それからお会いするパターンが増えてきました。 WEB上でも言葉の選び方、写真 …

開業後初の月末を迎えて

8月15日に税務署に開業届を提出してから、半月経過しました。 税理士事務所にとって、申告期限である月末は特別な意味があります。 初めての月末(8月31日)を迎えた心境を記録します。 税理士としての土台 …