税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

ひとり税理士 ブログ

【開業税理士を目指す方へ】勤務税理士時代の愛用品は独立後に必要なくなることもある<№602>

投稿日:

Pocket

※開幕初日のオータムフェスト

 

勤務税理士時代の愛用品

こんばんは。

北海道札幌市中央区の税理士 板倉圭吾です。

8月に独立5年を迎えました。

5年を経て、使わなくなったアイテムについて紹介したいと思います。

 

①栄養ドリンク

勤務時代に愛用していたその①は栄養ドリンクです。

確定申告時期、残業時間に気合を入れるために栄養ドリンクを飲むことがありました。

20代前半だった銀行員時代からの習慣です。

集中力が上がる気がして愛飲していました。

でも、今は飲んでいないです。

  • ポモドーロテクニックを意識して作業密度を高めること
  • 家事育児との両立のために、そもそもの仕事量をセーブすること

その帰結として、栄養ドリンクは不要になりました。

 

②ミントタブレット

こちらも、銀行員時代からの愛用品。当時はフリスクです。

とりわけ、銀行員の頃は喫煙していたので口臭対策の意味合いもありました。

でも、ミントタブレットって胃に負担があると感じて最近は買わなくなりました。

定期的に歯科でメンテナンスをすることと、歯磨きをすることで口臭は防げます。

マスク生活が長く続いていることも一因でしょうか。

 

口さみしいときには、白湯を飲むようにしています。

 

③目薬

こちらは大学生の頃から愛用しておりました。

なんとなくスッキリするからという理由です。

ちなみに私は視力が非常に良く、現在も裸眼で生活をしております。

ただ、PCを使った作業が続くと眼精疲労を感じ、勤務税理士時代は日に何度も点眼していました。

現在は、ブルーライトカットの眼鏡(度は入っていない)とブルーライト軽減モードがある大型モニターを愛用しております。

作業に特化した環境を構築することで、目への負担は減らせます。

加えて、目が疲れるほどの作業を前提としないことが肝要だと思います。

 

まとめ

ふと「勤務時代に使っていたものは何だろう」と思い、書き出してみた記事です。

開業税理士になることで、

  • 仕事の質
  • 仕事の量
  • 仕事の相手
  • 仕事の報酬

を決めることができます。

もちろん、選ばれることが前提ですが…

 

 

【編集後記】

※焚き火の様子

今日は午前中に男髪仁に行き散髪。

移転し、さらにパワーアップしています。ヘッドスパでスッキリしたー。

その後、自宅で焼き肉をしました。写真は食後の焚き火。

そして洗車をして愛車もスッキリ。

 

ブログの更新頻度が減っています。

宣言通り、今いるお客様に精いっぱいのお役立ちをして参る所存です。

選び選ばれたお客様と一緒に素敵な体験をさせていただいております。

ちなみに下記のツイートは20,000以上のインプレッションを記録しました。

-ひとり税理士, ブログ

執筆者:

関連記事

業務量の平準化対策を考えよう<№53>

ネタがない おはようございます。 札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今朝は正直に告白することから始めます。   ブログに何を書いていいのか思いつきません…   ネタがない …

【元労基署職員が解説!!すぐわかる現場労災の番号】建設業の経理担当者必見!!元請に教える労働保険番号はどれ?<№149>

※画像出典:ぱくたそ   建設業の労働保険番号はたくさんあってわかりづらいよね おはようございます。 北海道札幌市のイクメン税理士 板倉圭吾です。 元労働基準監督署職員として、労働保険関係の …

クラウド会計ソフトはじめます<№28>

クラウド会計ソフトについて考える 現在、会計ソフトにはクラウド型会計ソフトとインストール型会計ソフトがあります。 従来、インストール型のみであった会計ソフト業界にクラウド化が進んでいるというイメージで …

15年以上前のご縁がきっかけで、同じ日に2件のご依頼があった(幹事と監事)<№239>

※とうとう本格的な冬が始まりました 高校の恩師とのご縁 おはようございます。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。   昨日から市街地も積雪があります。 今日は除雪から一日が …

【イクメン税理士のメンタル安定術】組織の論理に異議を唱えるのはひとり税理士の「免疫力アップ」「守備力向上」の証だ<№481>

※雨上がりの神宮参道(今朝)   おはようございます。 北海道札幌市中央区のイクメン税理士 板倉圭吾です。   独立してから、「これはおかしい」と思ったことは声を上げるようにしてい …