税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

freee イクメン クラウド会計 マジ価値ミートアップ

ファンを創る会計ツール(仮説)<№297>

投稿日:2019年4月5日 更新日:

Pocket

ファンベースという本を読んでいます

ファンベースという本を読んでいます

こんにちは。

札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。

今、ファンベースという本を読んでいます。

まだ途中ですが、かなり面白いです。

本に出てくる【ファンベースで成功した実例】

  • ソニーデジタル一眼レフ「α」
  • 「ファン株主」がいるカゴメ
  • 広島東洋カープ

これらが示唆するものを税理士業務にフィードバックできないだろうか?

ということを読み進めながら考えています。

会計事務所でファンを獲得しうる汎用性のあるものとは?

マジ価値についての記事でも触れましたが、例えばスバルの自動車を愛する方をスバリストと呼んだりします。

みんカラは、車種によってコミュニティが作られて、メーカーの意図とは関係なくファン同士の繋がりを構築することを可能にしました。

会計界隈で、同じように○○ストと呼称されるコミュニティの受け皿となるような存在…

それがfreeeなのかもしれないという仮説を立てました。

なぜその仮説になるのか?

それをお伝えする機会が、6月6日 freee “マジ価値” meetup! @HOKKAIDO #1です。まずは、「クラウド会計ってなぁに?」くらいのところからかみ砕いていきたいと思っています。

一緒に、仮説を組み上げませんか?

板倉事務所の「やらないことリスト」には、

  • 会計ソフトのベンダーを一つに絞らない

というものがあります。

お客様にベストマッチする会計ソフトをご提案することが、価値提供になると思うからです。現在関与先ではTKC、MF、freeeを導入しています。

他方で、税務申告ソフトは現在TKC一択です。決算業務は税理士の領域。ひとり税理士たる私が信頼するものを使います。

【編集後記】

ようやく今週最後のお弁当

-freee, イクメン, クラウド会計, マジ価値ミートアップ

執筆者:


  1. […] ファンを作る会計プロダクトは他社にはない文化があるからだと思います。 […]

関連記事

クラウド会計ソフトはじめます<№28>

クラウド会計ソフトについて考える 現在、会計ソフトにはクラウド型会計ソフトとインストール型会計ソフトがあります。 従来、インストール型のみであった会計ソフト業界にクラウド化が進んでいるというイメージで …

子どもに出かけるエネルギーを与えよう<№98>

始業式の翌朝 皆さん、おはようございます。 北海道札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今朝は、息子のテンションが低かったです。 冬休みが終わり、始業式が昨日… 「今日からいろいろ始まるぜ」と背 …

(どうしても紙でほしいと言われたら)総勘定元帳はガバットファイルで納品しよう<№184>

※そろそろ温かいスープが嬉しい札幌 総勘定元帳はガバットファイルがオススメ おはようございます。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。 札幌は雨が続いているせいもありますが、朝晩はかな …

冬の札幌、小学校低学年のお子様連れにオススメのオリンピックミュージアム<№275>

※ジャンプ競技のシミュレータ   札幌オリンピックミュージアムが楽しい おはようございます。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。   日曜日、札幌市の大倉山にある …

クラウドに慣れる<№45>

シュキーン 昨日はクラウド勤怠管理シュキーンのデモを見てきました。 ※写真は公式HPより 今時、タイムカード打刻でそれを手計算で集計…というのはと考えていましたが、想像以上に発展しているのですね。 機 …