税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

freee クラウド会計 マジ価値ミートアップ

freee コミュニティ座談会 に参加【マジ価値ってなんだ?】<№296>

投稿日:2019年4月4日 更新日:

Pocket

おはようございます。

札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。

今日の札幌は空が澄んでいい天気ですね。

freeeコミュニティ座談会に参加した

昨日は、クラウド会計freeeを使っている会計業界人の座談会に参加しました。

他の都市では、すでにかなり盛り上がっている様子(freee公式)。

ベンダー(freee)が最初のきっかけだけは用意するけど、あとは自分たち(地元の会計人)で継続してねというスタンス。東京からのゲストスピーカーも、自腹(!)で来ていた。

なんだろう…特定の車が好きな人がみんカラ経由でオフ会するみたいなイメージです。(なので某全国会などとは利害が競合しないと思う)

エンドユーザー目線

会計人それぞれ固有の価値とfreeeの価値を掛け合わせて、大きなインパクトを作ろうという熱意を感じました。

その方向性が、AI時代の税理士の在り方だなぁと実感もしています。

エンドユーザー(会社、個人事業主) ← 税理士 ← ベンダー

というのが従来のビジネスモデル。上流が開発したシステムを、中間で税理士が仕入れて、下流に(顧問とのセットで)販売するという感じかな。

  • 税理士が楽をするための自計化
  • ベテラン税理士がなじんだUIを変えない

といった点が自分には違和感なのです。

こと会計ソフトのマネタイズという観点からは、


エンドユーザー(会社、個人事業主) ← ベンダー

といった流れが自然に増えてくるでしょう。会社のための会計であり、それを実現するための会計ソフトだからです。

以前、フードコーディネータ理論として記事にしました。

そのとき税理士は

「会社としてはソフトの希望なんてないから、先生のオススメでお願いします」

といった導入経緯が、かつては一般的だったのかもしれません。

「当社はfreeeを導入したいのだが、今の先生には断られて…」

というお話が聞こえるようになってきました。

その時、税理士はどうやって価値を提供していくのか…

きっと、マジ価値の目指す方向はそこなんだと思います。

まとめ

これから札幌でもマジ価値ミートアップが開催されます。

まずは2019/6/6と決まりました。

道内の若手会計人の方、一緒にマジ価値を創りませんか?

【編集後記】

昨日は新規契約をしました。安定的に動くまで、力を注ぎます。

その後、政策金融公庫や財務局との打ち合わせを終えて、freeeのイベントへ。職歴がかなり近い方がおり、びっくり。

今日は、税務調査の打ち合わせで署に行くなど。

【昨日までの1日1新】

freee コミュニティ座談会

ナポリの窯

-freee, クラウド会計, マジ価値ミートアップ

執筆者:


  1. […] マジ価値についての記事でも触れましたが、例えばスバルの自動車を愛する方をスバリストと呼んだりします。 […]

関連記事

フリーランスの確定申告【クレジットカードや銀行口座は別にした方が良い?】<№266>

道銀ビルから望む雪まつり会場   仕事用とプライベート用 こんにちは。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。   札幌は雪がたくさん降りました。 この週末はスキー日 …

連休明けに仕事をしたくなるように取り組んだ7つのこと<№140>

日曜日の晩御飯 グラタン、チキンとキノコのコンソメスープ、チキンの照り焼き (巻物は出来合いを買ってきた) 昨日は仕事進みましたか? おはようございます。 北海道札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾で …

フリーランスにお伝えしたい車両関係の勘定科目(確定申告に向けてルールを決めよう)<№272>

※お客様にいただいたロールケーキ 子供が喜んで食べていました 車両関係の勘定科目はどうやってルールを作る? おはようございます。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。   今 …

イクメン税理士にとって礼儀2.0はビジネスモデルである<№169>

※「明日天気になれ」と、昨晩からてるてる坊主でお祈りしていたのですが… 礼儀2.0 おはようございます。 北海道札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今日は娘のバス遠足。 おにぎりを持って、遠く …

ファンを創る会計ツール(仮説)<№297>

ファンベースという本を読んでいます ファンベースという本を読んでいます こんにちは。 札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今、ファンベースという本を読んでいます。 まだ途中ですが、かなり面白い …