税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

コンサルティング ブログ

「課題がわかっている方へのコンサルティング」で大切にしていること3選<№506>

投稿日:

Pocket

※大阪に来ています

 

皆さん、こんにちは。

北海道札幌市中央区のイクメン税理士 板倉圭吾です。

昨日から大阪に来ています。

札幌からくると季節の違いを感じますね。

さて、今日は「課題がわかっている方へのコンサルティング」で大切にしていること3選について書いていこうと思います。

昨日のコンサルで得た気付きを織り込んだ記事です。

 

①コンサルタントの立ち位置を明確にする

課題がわかっている方へのお役立ち。

例えば、

  • 資金調達(融資支援)
  • 創業
  • 公務員から転職

などでは、

  • 借りたい
  • 始めたい
  • 辞めたい

という決断をされてその先に悩んでおられます。

 

頭の体操としては、転職の場合「辞めない」も選択肢ですが、そこを熟慮してご相談に来られていると捉えています。

 

が、宣言せずに辞める前提で選択肢でお話を進めるのは不誠実ではないでしょうか。

「どうやったら転職できるかを今日は考えましょう」と明確にしてお打ち合わせをスタートするのです。

結果として、辞めないという判断をされるのは全く問題ないですし。

一つの視座から光を当てて深掘りすることが、納得の行く決断をサポート出来ると思います。

 

②共通言語を確立する

深掘りに必要な言葉は、日常会話では足りません。

そこで5分ほど共通言語を確立する時間を取ります。

資金調達であれば、「運転資金とは」「設備資金とは」「試算表とは」というようなこともお客様と定義を一致させるようにしています。

お客様にとっては初めて聞く言葉もあると思います。できるだけ、「漏れなくダブりなく」を意識しましょう。

そして、冗長にならないこと。

 

③問題点ではなく改善点

資金調達支援の際に、貸す立場(銀行)と同じ目線でチェックする必要はありますが、伝え方は変えなければなりません。

貸す立場では「問題点」となることも、コンサルタントとしては「改善点」です。

課題がわかっているお客様のコンサルティングには、決断に踏み切る熱量を感じることが多いです。

大切なのは、お客様の熱量を尊重しつつ、「ベクトルを整える」という意識ではないでしょうか。

 

昨日のセッションを終えて、そのようなことを考えておりました。

 

 

-コンサルティング, ブログ

執筆者:


  1. […] その際に我々相談を受けるものが気を付けるべきことは、これまでもブログ記事にしております。 […]

関連記事

【事務所移転/ダイエット】独立3周年に向けて準備を始めます<№435>

※日曜日、公園でピクニックしてきました   事務所を移転します こんにちは。 北海道札幌市のイクメン税理士 板倉圭吾です。 久しぶりに子どもたちが登校しました。 短時間でしたが、友人たちに会 …

年末年始はSNSデトックスをしよう<№390>

おはようございます。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。   今朝は短めの記事を。   年末年始はSNSデトックスをしよう SNSデトックスについては、過去記事に …

【イクメン税理士の告知】1/4発売の会計人コースに寄稿しました<№393>

こんにちは。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。 2020年1月4日発売の会計人コース2月号に寄稿しました。 独立開業に関する記事です。 後日公式サイトからも読めるようになるとのこと …

事務所移転しました④(新しい名刺も活版印刷)<№452>

こんにちは。 札幌市のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今日で事務所移転に伴うブログはひとまず完結かな。   新しい名刺 移転に伴い、名刺を新しくしました。   と、言ってもこれまで …

【ひとり税理士の売上多角化についての雑感】まずは反対打席に立とう<№537>

  ひとり税理士の売上の軸とは 皆様、ご機嫌いかがでしょうか? 北海道札幌市中央区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今日は売上のお話。 士業の売上って、それぞれ特徴がありますよね。 そのうち …