税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

ひとり税理士 ブログ

お客様のストーリーや世界観で決算を語る<№470>

投稿日:2020年10月21日 更新日:

Pocket

※朝日に反射する雪虫 北海道の晩秋の風物詩です

 

おはようございます。

北海道札幌市のイクメン税理士 板倉圭吾です。

今日は以前の記事ストーリーや世界観は模倣されないの続編です。

 

アーティストの通訳

最近、美容やデザインなどご自分の感性をビジネスにされている方のお役立ちが多いです。以下はアーティストとお呼びしましょうか。

私に求められているのは、お客様の感性を言語化・数値化すること。

そして、言語・数値を感性で理解できるようにすること。

 

外部利害関係者との通訳であり、経営パートナーという位置づけです。

 

身内のアーティスト

実は、アーティストとしての生き方を選択したお客様に圧倒的なリスペクトがあります。

私の弟と妹は音楽を専攻する大学院を修了しており、二人とも音楽に携わる生き方をしているのです。

弟が、大学進学の際に「音楽専攻に進みたい」といった際には反対しました。「食べていけるの?」と。

その時の私は商科大学の学生、それから銀行・国家公務員・税理士と感性を必要としない職業を重ねてきましたが、彼らは自分の信じた感性で芸術活動を続けています。

私にはできない針路選択をして、人生航海中の彼らに「すっごいなぁ」といつも感じるのです。

 

アーティストとの邂逅

そんな私が今となって、「アーティスト」との邂逅です。

なんとかお役に立ちたいと日々模索しています。

「大工と話すときは、大工の言葉を使え」(伝え方のオーダーメイド)

この記事のアーティスト版です。

 

最近気が付いたのは、アーティストは、お客様に提供したい価値や、いただく対価について、税理士の使う言葉ではない「何か」でイメージしている。

非言語領域も含めて、大切にしているストーリーや世界観があるということです。

それを共通言語化することで、アーティストに決算を語りましょう。経営課題について、「世界観をより良いものにするためには…」とお伝えするのです。

直截的な「粗利率を上げましょう」よりも伝わったと感じています。

そこで共有できたことは、会計言語化すると外部利害関係者に伝えることができます。

いわゆる事業性評価につながる情報がそこにあるのではないでしょうか。

-ひとり税理士, ブログ

執筆者:

関連記事

【ブログ更新500回】日々新しいことにチャレンジしよう

おはようございます。 北海道札幌市のイクメン税理士 板倉圭吾です。 2017年8月のブログ開始(=開業)から約三年半、500回目の記事となりました。   これまで読んでくださった皆様に感謝で …

事務所移転しました④(新しい名刺も活版印刷)<№452>

こんにちは。 札幌市のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今日で事務所移転に伴うブログはひとまず完結かな。   新しい名刺 移転に伴い、名刺を新しくしました。   と、言ってもこれまで …

【定期】8月のIKUMEN飯を紹介します<№545>

おはようございます。 北海道札幌市中央区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 昨日は娘が味噌汁の味噌を溶いてくれました。 段々と手伝いがレベルアップしているのが嬉しいです。 それでは8月のIKUMEN飯を …

イクメン税理士の朝のルーティン(自宅事務所だからこそ穏やかな気持ちで仕事を始めよう)<№167>

※今朝の登園 きれいに咲いていました イクメン税理士の朝のルーティン おはようございます。 北海道札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 サッカー、残念でしたね。寝不足の方も多いのではないでしょう …

軸を定める<№32>

昨日は、富裕層向けの税務サービスを行っている税理士法人の事務所に見学に行ってきました。 1日50,000円 案内してくださった方は、その法人の理事長です。現在は、大学教授としても活躍されています。 私 …