税理士板倉ブログ ITAITA

札幌のイクメン税理士ブログ IT×AI×TA(Tax & Accounting)

税金について

マイホーム取得に際し親から資金援助してもらった方必見 3/15までに贈与税の申告を<№109>

投稿日:2018年2月15日 更新日:

Pocket

住宅取得資金の援助を受けた場合は無申告ではダメです

おはようございます。

北海道札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。

 

2017年に親から500万資金援助を受けて、マイホームを建築しました。ハウスメーカーからは「この住宅は認定長期優良住宅なので1200万円までは親から援助を受けても税金がかかりません」と言われています。

 

これは正しい説明を受けています。

付け加えるとするならば、贈与税の申告書を提出することが必要ってことです。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4508.htm
リンク先 「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」

あくまでも非課税の特例です。原則は基礎控除額の110万円ね。

特例を受けるためには、贈与を受けた2017年の翌年2018年2月1日から3月15日までの間に、贈与税の申告書を提出しましょう。

  • 戸籍の謄本(親子であることの証明)
  • (取得した不動産の)登記事項証明書
  • 新築や取得の契約書の写しなど

書類添付が必要です。

みなさん、所得税の住宅ローン控除の手続きは進められていると思いますが、こちらも必要です。

 

※資金援助してもらう方(受贈者)の要件(年齢や所得金額など)

※新築や取得の要件(いつ入居したのか、完成や上棟はいつなのか)

について、細かく決まっています。

 

※ちなみに非課税贈与(上の例だと1200万円)と、基礎控除(110万円)は一緒に使えます。

 

 

【編集後記】

昨日は、確定申告や2月申告法人の準備など

-税金について

執筆者:

関連記事

退職金から控除される住民税と、ふるさと納税の関係<№288>

おはようございます。 北海道札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。 確定申告の期限である3月15日が終わりました。今日は疲れがどっと出て起きられない会計業界関係者も多いことでしょう。 さて、今 …

税関の事後調査を受ける前に読んでおきたい用語解説<№305>

会社役員として伝えたいこと おはようございます。 札幌市西区発寒のイクメン税理士 板倉圭吾です。 今日は札幌暑くなりそうですね。 23度予想です。   さて、前々回の記事から続いて、税関の調 …

節税と脱税の違い<№23>

税額を抑える方法には、3種類があります。 名前は似ているけど、中身は全然違います。 脱税・租税回避・節税 脱税 脱税とは、売上を少なくごまかしたり、実際にはない経費を計上したりすることです。法律で禁止 …

税務相談からメニューを増やす<№39>

税務相談を担当してきた 税理士会からの依頼で、税務相談をしてきました。 札幌市役所の「市民の声を聞く課」です。 来庁される方や、電話をかけてきた方の税務相談にお答えします。 何が来るかわからないという …

顧問契約の軸は書面添付<№52>

札幌市西区のイクメン税理士 板倉圭吾です。 昨日、顧問先の決算を電子申告しました。その際に、33条の2の書面を添付しました。 今日は書面添付についてです。   書面添付は普及している? 平成 …